<< もし世界が変えられるなら | main | 中秋の名月 >>

月暈

若い頃は、西洋の詩が好きでしたが、齢を食うと漢詩の方がよくなってきます。篠笛でも練習しようかな。

劉基に、

秋夜の月
黄金の波

という詩句があります。
月の周りに輪がかかる気象現象を月暈といいます。
あるいは、この月の輪を波と見立てたのでしょうか。

私は中年くらいから、いつでもこの月の輪が見れるようになりました。日によってカラーも違うのです。
グリーンが入ったり、ピンクが入ったり。もう10年以上になるので、幻覚とも言えない。
街灯の周囲でも見えます。
そういえば、ゴッホが星や街灯に「黄金の波」入れてましたね。
特定の夜の光にだけエフェクトが掛かるようです。
ついでに言えば、宮沢賢治の「天気輪」もこの月暈なのだろうと私は思っています。
コラム | comments(0) | -
 
Comment