<< とりあえずBGMでも | main | 秋なので、ロング・アンド・ワインディング・ロードでもいかが >>

画像の盗用は犯罪です

にほんブログ村 小説ブログ コラムへにほんブログ村

不心得な人は、結構見かけます。
ツィッターでも、そういう人見ました。
中国人女優の画像を顔だけ除外して、さも自分のもののようにアイコンに使っていたのです。
これだけで、誠実さのカケラもない。
私は注意しました。
「グーグルの画像検索で、元画像が簡単に検索できるんですよ? あなた、それ犯罪ですよ?」
意味がわからなかったようです。スマホでネットやり始めた人には、著作権意識が薄いか、無いようです。

その彼女、一時その中国人女優の画像は替えていたのですが、今年に入ってまた使い始めました。
「ねえ、あなた、それ犯罪ですよ。著作権侵害は親告罪ですから、ネット上で見つかるようなことはないでしょうけれども、民事ですから、裁判になりえます」
すると彼女、ディズニー・キャラクターを自分のアイコンに使い始めました。
(どこまでバカなんだ)
ツイッターのフォローから外しました。
もっとも、スマホでより多くの人にネットが広がってしまいましたから、そんな意識の人は多いでしょう。でも、それ犯罪です。

元々日本での著作権法は、他人の出版物をまんまコピーして出版する不逞者の行為を禁止するために制定されました。
色々すったもんだがあったらしく、引用ならよろしいということになりました。真面目な学術的研究や評論が相当程度入っていればよろしいということです。
今は、どうなっちゃっているんでしょうね。古いまま放っとかれているという話は聞きます。こんなことも国政の怠慢ですか。
とりあえず、ネットで拾ってきた画像を自分のコンテンツとして使うことは、著作権法上は犯罪です。

音楽にだって著作権はあります。
けれども、昨今のジャスラックなる団体はやりすぎなので、私はふざけるな気分で有名スターのユーチューブ映像も引用しています。あくまで引用です。意見も書いています。
とはいえ、そんなことは著作権法の精神に反するので、できるだけやらないようにして、カバー・バージョンを主にしていますけどね。
カバーからでも金取るぞ、音楽教室からだって金取るぞというジャスラックは、もはや権利オバケでしょう。

そうは言っても、ネットに転がっている素材って、フリーと銘打っていない限り、自由に使っていいものではありません。
クリエイターが、どんなに苦労してそれを作ったと思っているのでしょうか。

結局のところ、ジャスラックみたいな権利オバケと、スマホ派の権利無視に二極分解してしまったのでしょうかね。

コラム | comments(0) | -
 
Comment