生きていても、死んでいても同じ

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

朗読サイト

表題は、ご存知ドストエフスキーの「悪霊」キリーロフのセリフです。
修辞学的に考えて、文節を前後入れ替えると、違った効果が出てしまいます。
「死んでいても、生きていても同じ」
これでは、特攻隊員かなにかのようになってしまいます。
違うんですね。もっと柳が風に吹かれるような、飄々とした態度なんです。
やはり、「生きていても、死んでいても同じ」という境地が、完全な自由をうむのです。

世の中、この冬の年越しをできない人々がいます。
地下街で、さんざクリスマス・ソングを聞かされて、路上で亡くなる人とか。
そんな人がいるからこそ、クリスマスの七面鳥はうまいのかもしれません。
いや失敬。そんな自由人の魂なんて、誰も食えやしない。

けれども、われわれは自由なものたちの肉をほとんど食べなくなった。かれらのフレッシュをもらわなくなった。
鶏、豚、牛。魚もほとんど養殖となりました。
食生活は、貧しくなるばかりです。
味の違いがわからないなら、まあ、微笑ですな。
スマホが便利だよ〜って話ならいいんですけどね。その代わりに失ってしまったものが確実にあるということです。

確かに、進化はしているのだけれど、何も進歩はしていない。
これはドイツ哲学の欠陥です。ヘーゲルとかマルクスとかのね。
交換の思想が入っていない。
むしろ交換の思想はフランス哲学のバタイユ。
さらに進んで、進化で失うものというものを、考えること。

朗読 | comments(0) | -