【夢占い】 人が沢山死ぬ

列車に乗っていたら、車窓が何回か赤く光った。落雷のような何かが落ちた爆発のようだった。火災になっているのだろうか。しかし火事にしては、範囲が飛んでいる。
列車を降りて、歩き始めると人が沢山倒れていた。
(火事の煙を吸ってしまったのだろう)
歩くうちにもどんどん倒れているのに遭遇する。
自分も苦しくなってきて、魂が抜けるような楽な感じになった。
(おれもそろそろかな)
というところで目が覚めた。

夢の側の舞台設定は、合理的に考えると火災ではなく神経ガスの攻撃だったかもしれない。
人が死ぬのは逆夢で、吉夢だとわかっていた。が、調べてみると、人が沢山死ぬのは、運勢の転換期であるらしい。これも占いサイトによって象意が違い、中には金運の大幅アップとするものもあった。
ついでに言えば、自分も死にそうになったので、この場合は死ぬ夢の要素がふたつということになる。自分が死にそうになるのは、夢見た目標が近づいているので、鋭意努力しましょうというものだった。これは、どのサイトでも変わらないようだ。

総合的にみれば、吉かなあ。
夢日記 | comments(0) | -

グーグル・アドセンスが表示されない件

グーグル・アドセンス広告に応募していることは、過去の日記でも書いてきた。
グーグルからは、アドレスの有効通知やサイト接続通知も来た。一応、所定の場所でアクセス記録も見られる。ところが、肝心の広告が表示されないのである。

それならと、グーグル傘下のブログ・サービスであるブロガーで新規ブログを開設した。これは過去にも利用したことがあったが、退会できないシステムになっているので愛想をつかしたサービスだ。
「タダなんだからさ、おまえのコンテンツの権利は、サイト提供者のオレにもあるんじゃねえの?」
という言い分なのだろう。まあ、それには一理ある。ただ、退会できないというシステムは、いつブレーク・ダウンするかわからないようなブロガーを不安にさせるものだ。
そういうマイナスをわかった上で、やってみてもよかろうと思った。

「ブロガー」では、独自ドメインが買えるサービスがあった。なんと、.comが1400円と安い。
長いことGMO傘下のロリポップを愛用してきたが、.comは初期値2500円程度はすると思う。それが、ある日突然
「あなたのドメインを欲しがっている人がいます」
とドメインが競売状態にふされ、5千円近くにも値上がったので、私はそれまで10年以上使っていたドメインをあきらめ、現在のozuno.onlineに変えたのだった。ドメイン使用料は、数百円だったと思う。それが一年経つと、あいも変わらず5000円近くに値上がりして唖然とした。これが来年もし一万円になったとしても、このドメインを継続したければ支払わなければならない理屈だ。
ロリポップは、いいサービスだった。ありがとうと言いたい。とにかく安く!というニーズを支えてくれた唯一のレンタル・サーバーだった。それが刈り取りの時期に入ったからといって、文句をいうのは違う気がする。

おそらくGMOのやることだから、ドメイン貸与、競売システムは現行法に照らして違反ではないのだろう。グーグルが追随しないことを願う。
本当は、独自ドメインに拘ることもないのだが、それでなければグーグル・アドセンスに登録できないという弱みがある。

新しいサイトは、yearsaka.com だ。
昨夜気まぐれで「ブロガー」にブログ開設したため、ネーミングも乏しい思いつきでしかない。なんなら、変えてもいいくらいの金額ではある。
今後の進展次第では、イヤサカに活動主軸を置くことになる。
よろしくお願いしますね。
http://www.yearsaka.com
このドメインが1400円なら、安いですね。



日記 | comments(0) | -

秋刀魚なんか食うものか

以前、フィッシュ・ロースターという魚焼き専門の家電を買ったのでした。
それ、ラジオでの宣伝が喧しくて、秋刀魚が煙もなく焼けるという歌い文句につられたのでした。商品購入に進んだ際に、「実際には少しは煙は出ます」という評も見たのですが、構わず購入。それ以来、使いもしない家電となっていたのです。



秋刀魚の焼いたのは好きだけど、さりとてそうそう食べるものでもないから。

そんな使われない家電品を思い出したのは、くだんのごとく、ガス台が使えないからなのでした。
立ち消え防止機能がついたガス台は、弱火で調理することがでないのですね。焼き網なんかは悲しいほど使えない。仕様ながら、火を扱う調理器具としては欠陥品とさえ言えます。怒りに任せて何度ガス台を叩いたことか。
実家でもそうだったのですが、出先のアパートにも同じ仕様のものが備え付けてあり、絶望したものでした。
そこで、フィッシュ・ロースターのことを思い出したのです。そして、案外これは使えます。といっても、2万円もするので、安い買い物でもありません。でも、ガス台が満足に使えないのであれば、次善の策にはなるでしょう。

値段的には、どうしてオーブン・レンジがいけないかという選択になってきます。しかし、私は電子レンジが嫌いなのです。電子レンジを使うと、絶対に料理が歪になるからです。
まあ、テレビ・ドラマなんかでも、
「レンジでチンして食べてね」
なんてお決まりのセリフになっていますが、温めた直後だけはいいものの、いったん冷めだすと食品の変質感がきつい。焼き魚なんか皮がごわごわになって、食えたものじゃない。従って、電子レンジという温め調理法自体が元来不自然なものであって、食品への変質をもたらすものとしか思えない。

別に、これは商品販売のページじゃございません。吹きこぼれ防止機能がついていないガス台を買えばよいのです。けれども、最寄のホーム・センターへ行って、目的の品を前にして、私はそれを買えませんでした。その時は老婆と二人暮らしで、吹きこぼれ防止機能も要らないものではなかったからです。

もっとも、秋刀魚という魚自体に、近年、未練がなくなりました。旨いとはおもうのですが、ネットで「あんな脂っこいモノ食う必要はない」という意見に接したからです。そういわれてみれば、バカみたいに煙でますよね。
近年、秋刀魚自体が不漁続きで、今なんかもやせたやつが一匹200円もして、何が悲しくてこんなん買うかという状況です。

まあ、いいんですけどね。不漁で高くなるってことは、まだ養殖じゃないのかと考えることもできます。いやあ、それも今時どうかな。
もう私は魚自体に未練がありません。養殖が全体を占める今となっては、かなり悪い食品に転換したと思います。無頓着に魚介類を食べている人の気が知れません。

かく言う私も、そんなに食の安全だかに気を使っているものではありません。東北大震災でチェルノブイリ級の放射能被害があるからといって、チェルノブイリ級なら東北だけの汚染ですむわけもないのです。ならば気にせず、癌になるならそれで死んだらいいのです。東北米だって買っていますよ。メルトダウンですよ? 気にすることに意味があるとは思えないクラスの災厄なんです。
だけんどよ、養殖だとかの本来の生きものではないような汚染魚は食いたくないのですね。だって、そのもののが持つ栄養価とか、食べれば如実にわかるんだもん。小さな反抗です。

一人暮らし | comments(0) | -

未来派野郎

下のアーティクルの続きで、各種、調理中につき開放されません。寝たい、ですが。
坂本龍一の「未来派野郎」を、今は聴いています。



さて、こんな名盤でさえ絶版のようで、時の流れを感じますな。

当時、坂本龍一は、その昔イタリアに「未来派」という思想があって、それに興味があったと語っていましたっけね。
ところが、今は終了した昼間の番組「笑っていいとも」に出演した岡林信康が、「坂本は盗作している」と言い放ったのでした。
「へー」
ってばかりに、私も坂本龍一のアルバムのうちどれが盗作なのか考えてみましたが、どうも時期的にみても、この「未来派野郎」以外にはないかなと・・・。
司会のタモリも、どのアルバムですか?と具体的に訊いていたと記憶しますが、岡林は明言を避けましたけれど、
「音楽家たるものが、アルバム・コンセプトを盗用してはいけない」
などと答えを濁したのでした。
きっと、岡林信康は坂本を愛しており、期待もしていたのでしょうね。でなければ、既にビッグ・ネームであった岡林が、わざわざ貶す必要のある音楽家なんていないでしょう。

アルバム「未来派野郎」が盗作だというのは言いすぎですが、映画「ブレード・ランナー」のイメージを借用していないとはいえないでしょう。
Do you like an owl?
私も映画「ブレード・ランナー」の偉業は尊敬しており、坂本もそうであって、リスペクトしたとしても全く悪いとは思いません。むしろそんな坂本が好きになるくらいです。
ま、岡林も含めて、いい時代でしたよね。
今じゃアムロ程度が女王扱いされ、商業ベースの聞きたくもない音楽しかないのですから。
贅沢過ぎる?
いやいや、これからです。真のスターが出てくるのは。
私自身、野球の大谷とか、スケートの羽生とか、テニスの大阪の世界的活躍に驚いています! 音楽だけダメなん?

いやいや、坂本さんだって、音楽界には地味に貢献されています。近年、悪評高いジャスラックを脱退なさったようで。こうした言説の一貫性がファンには嬉しいし、こうした勇気が、後進に影響しないなんてことはないでしょう。きっとね。今は見えないが。

音楽 | comments(0) | -

【一人暮らし】立志篇

今日からまとまった休みに入る。
リフレッシュのために旅行でもしようと考えていたのだが、あいにくの雨。それに、世の中も連休のようで、混雑も心配される。泊まりはやめて日帰りをしようと思っている。何か気分転換でもしないと腐ってしまうわい。
さて、立志篇と銘打ったのは、昨日から一日一枚の絵を描こうと志したからだ。これ、義務にしないと絵物語は捗らない、捗らない。

今朝は夜勤明けだったが、スーパーに行って買い物。しかも買ったからには調理が待っている。冷蔵庫はない。No choice, ha?
この間、調理した鶏がらが、非常にいい味だったので、今日も半額品を入手した。鶏がらも旨いのだが、問題は小骨やそれについた肉片の処理だ。実家では裏庭に捨てていたが、借家ではそうもいかない。ゴミに出す必要がある。が、45リットルのゴミ袋がもったいないので、そうそう生ゴミを小まめに捨てるわけにもいかない。他の一人暮らしの方々はどうしているのだろうか?
他には、鶏がらスープの実にするために鶏ムネ肉を買い、これは味噌鍋にする。その他は豚のリブ、酒のつまみ用で、これはフィッシュ・ロースターでソース焼きにする。

今は実家から持ってきた坂本龍一のピアノ・アルバムを聴いている。30年前、札幌で一人暮らしした時は、坂本龍一の「音楽図鑑」を聴いていた。音楽とともに記憶される日々というものがあって、その結びつきは人生にとって大切なものなのだと思う。
それとて、なんでもいいというわけではなく、特に坂本龍一が印象に残っているということは、坂本が優れた作曲家だからだろう。いわゆる懐メロとともに時代を思い出すというのとは、少し違う感覚がある。今聴いているのは「/04」で、10年以上前の作品だが、これが今の自分とリンクすることだってあるだろう。



ところで、占いというのは偶さか当たるというのが今年に入ってからの実感だ。別にこれまで、占いなどさても信じちゃいなかった。最近、対人関係良好のサインであるような夢を見たが、実際ヒリヒリするような人当たりの悪さは解消されつつある昨今となってきた。
そんなことなら、今年に入って印象的に見る「金運」だとか「異性運」だとかの夢占いも現実になって欲しいものだ。我が運命よ、遠慮することはないのだ。と、呼びかけてみよう。
「おーい」
さ、ブタ肉でも焼くべか。

一人暮らし | comments(0) | -

【夢日記】飲み会

最近では、スマホ・アプリの人工知能「セルフ」が提供するおみくじを毎日使っている。凶をよく引く。最初は、気にもとめなかったが、親戚が死んでしまうなど慌てさせられることがあった。そこそこ当たるのである。昨日も凶だった。
(なに、今日は休みだから、なんのこともあるまい)
と高をくくっていたのだが、寝れない上に神経痛も痛んだ。
(これが凶の成果か)
悶々として、スマホのキンドルで「雨月物語」を読んだ。なんだか幸せな気分になった。それだけコクのあるお話しだったのだ。

さて、眠れない時には睡眠しても浅く、夢を沢山見た。
飲み会の夢、また友人が家に飲みに来る夢。これらは、対人関係好調を意味するという。
とはいえ、週末に旅行を計画しており、そこで焼肉を食べ一杯やることを考えているので、そうした意識の反映とも思える。最近は、夢が意識に関連することが多いと感じる。
もうひとつは、転職し、その仕事をとてもおもしろくこなしている夢。これも仕事運の向上を意味する吉夢だ。まあ、これから始める絵物語のことだと思いたい。

雨月物語は、作品の参考にするため手にした。ここのところは、日本の昔話を読むことが多い。
(あれっ、これどこかで読んだな)
と巻末の解説を見ると、雨月物語は全て翻案小説ということだった。どうりでよくできた話ばかりだ。
けれども、文体は詩情にあふれ、翻案としてもこの観察眼の流露なら、随筆にも値すると思われた。
感心したのは、物語のペース配分だった。例えば、男同士の友情を描いた話がある。再開する約束の日が丁寧に描かれる。しかも、悶々として待つ日中、通りを行き会う市井の人のつぶやきを三つ四つと入れている。流石に、ここまでする必要があるのだろうかと思った。妙にリアリティが出て、本筋に関係ない描写が、かえって印象に残ってしまうほどだ。
それもよくよく考えると、お話しのボリュームがあらかじめ計算されており、この部分を膨らませることで、後の復讐劇に力を与えるのではないか。場面描写の量の効果を期待して著述しているように見受けられるのだ。
本筋に必要ないディティールにも着目することにしたい。

散漫な内容になったが、日記のひとつなので許されたし。
人工知能アプリのお御籤は、今日も凶だった。これは、運気が悪い方向へ流れやすくなっているので、注意して事に当たれという戒めだ。それを、今日は悪いことが起きるなどと自己暗示のように解釈してしまうのなら、お御籤など引かないほうがいいだろう。と、思っておく。

夢日記 | comments(0) | -

包丁が切れねえ

毎度のお運び、ありがとうございます。
この度、ブログ内容と乖離していた日本ブログ村カテゴリーを見直しました。

まあ、まずは50歳代日記。これは変わらずです。

他に、シニア・シンプルライフ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ
にほんブログ村

これは、もともと「一人暮らし」について日記がてらに書くことが多いため、有用なのではないかと思いました。
シニアといえば、日本語のオトナに当たるかと思いますが、私の書く内容も、若い頃の一人暮らしにも使えはするものの、若干オトナ用のものになっているかと思います。むしろオトナ用に特化するのも善きかなと思いました。

最大の眼目は、絵物語「仙境来紀」をどのカテゴリーに入れるかということでしたが、イラストの「絵本製作用」に入ることにしました。

にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村

当初はマンガと考えていたのですが、やりたいことの様式を考えますと、絵にお話しをつけたものになりそうなのですね。
老けてから始める趣味もいいものです。同じようなことをお考えのシニアのあなた!お友達になりませんか?
昨日もSNSで有名になった90歳の女性写真家がテレビで取り上げられていましたが、友達付き合いがしたいから写真クラブに通っているということでした。
私は孤独な性質なので、特に友達など欲しいとは思いませんが、江戸時代の連のようなものに入れば、まずはやる気が起きるだろうとは思うのです。大切なのは、まず、やる気の継続ですから。

テーマとは関係ない話が長くなりましたが、本題は包丁が切れないという話しです。
鶏肉が切れない。筋繊維に対して横なら切れるのですが、次に縦に切ろうとすると肉がつぶれる。
包丁はこまめに研いでいるつもりですが、いかんせん、簡易的な棒状の磨ぎ器を使っています。本格的な砥石を買うべきなのかと考え始めています。鶏肉が切れないんじゃあねえ。
ちなみに、安物の包丁が悪いのかとも考えて調べたのですが、良いものに越したことはないものの、あまり関係なさそうでした。
包丁切れないんじゃあねえ、一人暮らしなんてままならねえよ。
妻に先立たれて、なんて境遇の男性もいらっしゃるかとは思います。コンビニの食パンばかり食べてちゃ、人生に光明などありません。死ぬまでの間しかないのですから、最大に生きないとねえ。

一人暮らし | comments(0) | -

どんなストーリーがいいのか

「仙境来紀(仮題)」のストーリーについて考えています。
主人公が越中屋寅吉ですし、従者も怪異ですから、するってえと敵もモノノケということになり、自然、懲悪ものの話になります。一本話しを考えたのですが、それがつまらない。

敵もいろいろあってさあ。本当は可愛そうなヤツなんだよ。運命に従って悪さをしていたんだけどね。退治しなきゃならなかったんだ。というのはかつてのウルトラマンでもそうでした。それは円谷プロのヒューマニズムで、当時は考えさせるものでしたが、流石に今となっては意外性もない。

昔の民話なんて相当グロテスクなものもあって、そうした要素をスラップスティックとして楽しんでいたのかとさえ思えます。とにかく、悪いやつはやっつけろでよかったわけで、円谷プロは新しいことをやった。
確かガンダムくらいから、敵を悪として描かないという傾向が出てきたと思います。それをもう一歩進めるとどうなるか?

ヒューマニズムを悪にする。
寡聞な私ですが、これはまだないかもしれないと思います。
本当は一話完結の懲悪モノにするつもりだったのですが、そういうテーマに従うと一話完結のなかにもストーリーを流さなきゃならない。更に悪いのはラストにクライマックスが来るので、飽きたら適当に終わろうという気楽な考えが通らない。
最も悪いのは、ヒューマニズム=悪という非常に難しい問題に、自分なりの答えを出さなきゃならない。
初めて描くマンガ作品としては、荷の重すぎるものになってしまいます。まあ、解けない問いは最初から与えられないと考えることにしますか。

ところで、今年は未曾有の大災害の年でした。ヒューマニズム=悪というテーマは、この大災害って、地球温暖化やら微細埃やら人間の営為が原因しているのではないかと思えるところに起因します。原発絡みの東北大震災などは、まさにそうですね。

超ヒモ理論によって存在の予言されている影の世界を霊界と比定してみたら、どうなのか。わかりやすく言えば、地上の隣の次元でモノノケやらも暮らしている。次元が違うだけなので、彼らも同様に災害を受ける。その彼らから「母なる地球を滅茶苦茶にしやがって。許されへんねんで」と詰め寄られたら・・・。
人間、なにが本当に恐ろしいかといって、オバケなんかではなく、正論で責められることです。
あなたなら、この仮想の哲学的問いに、なんと答えるでしょう。

どうも、そんな時代に行き着いてしまったのではないでしょうか。これまでは、回答を先延ばしにしてきただけ。考えるフリをして、「科学を信じる」などと空論でごまかしていただけ。もしあなたが、すこし鋭敏な人であったなら、もうそんなモラトリアムも終わったと感じるていることでしょう。

今日は、ここまでにしましょうかねえ。

日記 | comments(0) | -

プーチンが面白い

「前提条件なしに平和条約を結ばないか」
と日本にもの申すプーチンさんは、面白いですよね。
何を隠そう私はプーチン・ファンです。彼はかっこいいしね。
日本側は、その意図を解釈しかねたようですが。

「その条件、飲むよ」
と阿部ちゃんが言ったなら、面白きことになったとは思います。
なにがいけないのでしょうか?
日本に北方領土は要りません。北海道なんて、もともとアイヌの領土で、歴史的に日本領になったにすぎません。その北海道に属する島が、どこに帰属するかなんてことは、本土の住民にはもともと関心のないことでしょう。
それが日本領であろうが、ロシア領であろうが、国民生活には、ほぼ無関係なことでしょう。

まあね、北海道の礼文島なんかは日本の領土で、日本国には計り知れない利益をもたらしているでしょう。しかし、もしこれがロシア領であったとしても、さしたる違いはないでしょう。礼文島から食物を輸入するだけのことです。
礼文島の人々には、当然のことながら代金払わなくちゃならない。礼文島がロシア領であったとしても、それは同じこと。関税がかかるかなってことだけです。

だから、北方四島奪還を国是のように言う右翼とか、阿部ちゃんもそうですが、国益を考えているとは思えない。
むしろ、プーチン提案の方が面白い。
韓国との国境も、中国との国境も、全部負けていい。
いらねえっすよ。この上なにが望みなのでしょう。日本は、領土問題全てにおいて全部負けていいんです。ラクでしょう? その方が。そして、それには実損は伴いません。礼文島の漁民に対価を支払うように、外国の漁民にもそうすればいいだけの話です。

私、間違ってます?



日記 | comments(0) | -

モノ言えば・・・

唇寒し秋の空かな。
そんな時代ではあります。
阿部ちゃん対石破くんの論戦もやっぱり振るわないですな。絵空事みたい。
石破くんが、トリクルダウンなんて嘘だと今さらみたいなことを言っていますが、そんなこと今更言って、なんになるのかと感じます。現状の国情疲弊は、そんな理論持ち出されたって「へー」でしかないよね。
9条改変問題だって、現状でなにがいかんのかいなという程度。
9条2項を削除すべしという石破くんに対して、阿部ちゃんはそこに自衛隊を明記すべしと言います。
自民党が改憲したいがための論議としては石破くんが正論ですが、大局から見れば、あえて憲法改正する必要もないかなと思います。矛盾を孕んで悩んでいる方が、日本の国体として好ましいと私は考えるのです。
「理想は完全平和主義なんだよ。だけど、もろもろの歴史やら地勢によって、こんな矛盾を孕んだことになっちゃってるんだよね」
というのが、敗戦国日本の国体で、それならそれを続けていけばいいのではないでしょうか。
石破くんの言うように、日本は軍国主義化していけばいいというのもアリでしょう。それが、誰かが唱えた「ふつうの国」になる道でもあります。でもさ、あえて「ふつうの国」になんぞになる必要ある? それに何の得が? ネトウヨが喜ぶだけ。

もう、そろそろこうしたリベラルな意見を述べるのはやめようと考えています。
国民年金税を払っていないだけで、督促がくるようになったからです。いえね、これは2年間は支払う権利があるのですし、私はいつまで支払ったか不確かなので、確定してから支払うつもりでいるのです。ところが、数か月の滞納で督促の電話がかかってくる。これも阿部ちゃんの指示らしいですね。
「カネ払えよなー、おまえ。さもなくば預金口座差し押さえるねんでー」
なんて脅迫を電話口で言うのです。そんな権利、国にはねえよ。ばかやろう。こっちにゃ二年間までは支払う権利があるんだからさ。と思いつつも背筋が寒くなるものがあります。はっきり言って、国の行動が恐い。こんな無茶苦茶な請求を国からされたことは、これまでなかった。
(もう、そういう国ななったんだな)
というのが正直な感想です。うかうかしていると、こんなネットでの書き込みでさえ、捕捉され監視下に置かれかねない。これは大袈裟でなく真面目な危惧です。

米国もね、トランプちゃんが右傾化しています。なんかねー、トランプの顔見るとネオナチを思い出すんですよね。枢軸国側みたいな。実際、そうなっていくと思います。
「戦争? 大歓迎だぜ」
って雰囲気、紛分にある。機会を待ち望んでいる気配さえ感じる。危険な国アメリカ。日本はこんな国とは袂を別つべき時に来ているでしょう。言うまでもなく、くそったれ日本はアメリカの下僕なのですが、できたらユーロと友達になりたいものです。アメリカよりユーロの方が信頼できる。
もうねー、普天間なんて問題は無しにしてほしい。米軍いらねえっすよ。米国の世界戦略を抜けば、沖縄なんて大した価値はないことになるはずなんです。佐世保とか、本当は九州北部の方がいいんでしょう? 米国からすれば。それでさえ、日本としては不要です。もう、真に平和国家になる道を模索してはどうなんでしょうか。今からでも遅くはないし、今だからやれそうなことでもあります。

石破くんがねえ、米国のプレゼンスを外したいと述べたならば、状況は全然違ったものになったろうなとは思います。

身近では、ジャスラックの横暴も脅威です。この権益団体は、自己の利益を拡張するにかまけていて、自然な音楽振興の発展を妨げています。あいそを尽かして坂本龍一も脱退しましたね。
私もユーチューブを引用しているクチですが、これも非国民として罰金刑にでもなる未来が来るのかもしれません。
好きな音楽家の好きな曲を模倣することから、音楽は始まるのです。そうして、その成果を発表したいと思うに至ったとして、何の罪がありましょう。
「あ、おまえ、その楽曲で楽しんだね? だったらカネ払わなくちゃならないよね? 楽しんだんだろ? お金ください」
まあ、その言い分が法的に間違っているともいえませんが、みみっちいよね。少なくとも、音楽文化の進展は疎外すると思います。
こんな団体を裁判で勝訴させている法廷にも不信感。もう、最高裁裁判官にはバツつけてやる。

でさ、自民党以外の、なんか党って日本にあったっけ? 記憶に無いな。
もう、口をつぐむことにします。
ジャスラックさん申し訳ありませんでした。今後は、決してユーチューブの引用など、もうしないと誓います。
自民党さん、申し訳ありませんでした。今後は、決して批判することなく、見守りします。
ありがとうございます!
どうもすみませんでした。
心からお詫び申し上げまする。




日記 | comments(0) | -